焼却炉

施 設 名 設置場所 設置年月日 種類処理能力 処理方式 構造及び設備の概要
焼却施設 旭川市 神居町共栄493番1 平成15年7月25日
  • 感染性産業廃棄物(特別管理産業廃棄物) 29.7t/日(24時間)1.238t/時間
  • 燃え殻4.5t/日(24時間) 0.187t/時間
  • 汚泥5.5t/日(24時間) 0.231t/時間
  • 廃油3.02t/日(24時間) 0.126t/時間
  • 廃酸1.32t/日(24時間) 0.055t/時間
  • 廃アルカリ1.32t/日(24時間) 0.055t/時間
  • 廃プラスチック類16.4t/日(24時間) 0.682t/時間
  • 紙くず30.0t/日(24時間) 1.25t/時間
  • 木くず28.8t/日(24時間) 1.20t/時間
  • 繊維くず27.0t/日(24時間) 1.125t/時間
  • 動植物性残さ6.6t/日(24時間) 0.274t/時間
  • 動物系固形不要物6.0t/日(24時間) 0.25t/時間
  • ゴムくず12.1t/日(24時間) 0.505t/時間
  • 金属くず3.2t/日(24時間) 0.132t/時間
  • ガラスくずコンクリートくず及び陶磁器くず 3.3t/日(24時間)0.137t/時間
乾溜ガス化方式 燃焼ガス温度(940℃)
燃焼ガス滞留時間(2秒以上)
排ガス処理方法(バグフィルター)
焼却灰の処分方法(管理型埋立処分)
発酵施設 旭川市 神居町共栄188番、189番、494番1、1076番 平成13年12月20日
  • 汚泥 25.7㎥/日(24時間)・1.1㎥/時間
  • 動植物性残さ 29t/日(24時間)・1.2t/時間
発酵菌[アースラブ菌と木くずを使用しての発酵処理] ホッパー
粉砕機
混練り機
フルイ機
パレット
破砕施設
(1)粉砕機
(2)二軸大型木質破砕機
(3)破砕機
(1)旭川市神居町共栄189番
(2)旭川市神居町共栄188番、197番、494番1、1077番
(3)旭川市神居町共栄197番
(1)平成25年12月13日
(2)平成29年8月30日
(3)平成31年1月24日
(1)廃プラスチック類3.78t/日(10時間)・0.37t/時間
(1)廃プラスチック類4t/日(8時間)・0.5t/時間
(2)木くず855.44t/日(8時間)・106.93t/時間
(2)廃プラスチック類816.56t/日(8時間)・102.07t/時間
(2)紙くず、木くず、繊維くず、廃プラスチック類604.40t/日(8時間)・75.80t/時間
(3)木くず48.4t/日(8時間)・6.05t/時間
(1) 左右回転ツインカッター方式
(2) 移動式(クローラー式)エンジン式破砕機
(3)固定式破砕機
騒音・振動防止方法
(騒音…場内の低い位置に設置なため問なし)
(振動…破砕機の設置場所はコンクリート土間、更にタイヤ方式のため振動なし)
油水分離施設 旭川市 神居町共栄188番 平成17年11月15日
  • 廃油 9.6㎥/日(8時間)・1.2㎥/時間
  • 汚泥 9.63㎥/日(24時間)・0.40㎥/時間
VGS・垂直動式油水分離器(GV15P3A) 汚泥の処分方法 (管理型埋立処分)
排水の処理方法 (分離接触曝気方式)
地下浸透防止方法 (コンクリート沈殿槽で維持管理)
無機汚泥 天日乾燥施設 旭川市 神居町共栄197番 平成17年11月22日
  • 汚泥 15.36㎥/日(24時間)・0.64㎥/時間
全天候型汚泥天日乾燥式 地表水の流入防止方法 (傾斜をつけて防止)
排水の処理方法 (分離接触曝気方式)
地下浸透防止方法 (コンクリート沈殿槽で維持管理)
廃プラスチック類
(1)圧縮施設
(2)圧縮固化施設
(1)旭川市 神居町共栄493番1
(2)旭川市 神居町共栄189番
(1)令和2年6月26日 (2)令和2年6月29日
  • 廃プラスチック類
    (1)25.2t/日(8時間)・3.15t/時間
    (2)1.08t/日(10時間)・0.108t/時間
(1)電気電動での圧縮
(2)成型機
PPバンドでの梱包
搬送設備
定量供給装置

処理工程図

焼却施設

<焼却許可15品目> 感染性産業廃棄物 廃プラスチック類 燃え殻 汚泥 廃油 廃酸 廃アルカリ 紙くず 木くず 繊維くず 動植物性残さ 動物系固形不要物 ゴムくず 金属くず ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず

発酵処理施設

汚泥 動植物性残さ

破砕処理施設

産業廃棄物 紙くず 木くず せんいくず 廃プラスチック類

油水分離施設

廃油 含油水 含油土砂

天日乾燥施設

無機汚泥

破砕圧縮固化施設

廃プラスチック類

産業廃棄物の一連の処理の行程(令和2年4月~令和3年3月)

 

PAGE TOP