環境方針

環境負荷低減に取り組み、自然環境を保護することは社会の共通の認識であり、企業の環境保全活動への第一歩と考えます。

当社は、環境事業である廃棄物処理業を通じて循環型社会の推進及び維持管理、を継続して行う事を重要な課題と認識し、環境方針を定め、全社をあげて推進します。

  1. 環境保全を意識した事業活動の推進
    経済成長・環境保全・社会的責任の3つの側面において、バランスを意識した企業経営と、事業活動に伴う環境影響を適切に評価し、環境負荷の低減や地球温暖化防止に努め、その影響が最も小さくなるように環境マネジメントシステムの継続的改善に取り組みます。
  2. 3R廃棄物の発生抑制(リデュースReduce)、再使用(リュースReuse)及び再生利用(リサイクルRecycle)の推進
    発生廃棄物の削減、資源及びエネルギー消費の効率化のための目的と目標を定め定期的に見直しを行い、循環型社会の構築に全社で取り組みます。
  3. 地域とのコミュニケーションの推進
    行事参加や周辺地域美化運動の実施並びに地域活動支援の推進に積極的に取り組みます。
  4. 法令順守、汚染防止及び環境保全活動
    環境法規制、条例、地域との協定及び自らの責任において定めた事項を順守し、環境汚染と健康被害につながる環境リスクを予防すると共に、従業員一人ひとりがそれぞれの業務や立場を通じて環境保全活動に努めます。
  5. 環境教育及び緊急時教育の実践
    環境影響について教育、訓練を通して周知し、環境保全活動の重要性を認識し意識と技術の向上を図ります。また、緊急時に冷静な判断で迅速に行動できる技術の向上及び習得を図ります。
  6. 情報公開
    環境方針及び環境保全の取り組状況は、従業員及び当社の事業活動に従事するすべての人に周知し、一般に公開します。

制定:2004年9月1日

改訂:2008年2月22日

株式会社アンビエンテ丸大

サイト責任者 代表取締役 西野尾 孝子

 

PAGE TOP